人用マタタビ

P8250050-1.jpg


我が家のご近所におばあさんが、おじいさんを介護しているお宅があります。

おじいさんは、何やらおばあさんにいつも怒られています。

もしかしたら、おじいさんは少し認知症になっておられるのかもしれないです。

おばあさんはよく「何度言ったらわかるのよ!」と怒っています。

この時期窓が開けっぱなしなので、おばあさんの甲高いヒステリックな声が家にまで届きます。

うーん。

そのお宅の中の事情はまったく知らないのですが、娘さんらしき家を切り盛りしているようなご婦人もよく見かけます。

そのご婦人は、あえて手助けをしたり口を出さないようにしているのか、聞こえてくるのはおばあさんとたまにそれに抵抗するおじいさんの声だけです。

ずっと連れ添った人と最終的にこういう関係になるというのはやるせないです。

先日の日曜日にまたおばあさんが怒っていました。

yumeyuntaパパがぼそっと

「あのおばあさんにもマタタビが効いてくれると良いのにね」

と言いました。

あぁ、ホントに、

心に効くマタタビはないのだろうかね。

P8250052.jpg





たんぽぽの里さん、ご支援のお願い

鎌倉多頭飼い崩壊を始め、小田原多頭飼い崩壊、他レスキューをされている
「たんぽぽの里さん」が医療費ご支援や救援物資のお願いをされております。

鎌倉多頭飼い崩壊意外にも猫たちのレスキューをされており、医療費などに
かかる費用で財政状態が逼迫している状況です。

宜しければ「たんぽぽの里さん」のブログを覗いてみてください。

たんぽぽの里さん

Amazonでの「欲しいものリスト」にはそれほど値段の高くないものや、
配送料無料の品もいくつもあります。

私も少しですが、寄付をさせていただきました。

どうぞよろしくお願いします m(__)m





ランキングに参加しております。

クリックをしてもらえたら嬉しいです。 
 ↓


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村






いつもありがとうございます。

励みになっています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

本当ですね。
自分が決めて一緒になった人なら、最後まで穏やかな気持ちでいたいですね。
そんなに難しいことなのでしょうか(>_<)
人間に効くまたたびがあったら、燻したりして、窓から入れて、ぽわわわわぁんな気持ちになって欲しいですね(o´艸`)

あのね、おにいとおねえ・・・半年くらい前だけど・・・道路で倒れてるおじいさんみかけて、鼻血出て、お顔も打って擦過傷になってたから、救急車呼ぼうとしたのにゃあ!車で出先だったから、そこがどこかよく分からなくて、地名を聞こうとして工事してる人に聞いたら・・・ちょっと離れたお家の人だって。そこのおばあさんが出てきてね・・・「おじいさんにお散歩に行くように言ったから気にしないでくれって」おじいさん、軽い脳こうそくかなんかされてて、リハビリ中だったのにゃあ。でも車の通り激しいとこで・・・ちょっと痴呆も入られているようで、歩くのも後遺症ですたすた歩けなくて・・・おじいさんもおばあさんもいつものことのようで気にしてなかったけど・・・その時、やっぱyumeyuntaおねえちゃんとおんなしこと思ったって。
おにいともその内事故に遭うんじゃないかなぁ・・・とか、これTVだったら保険金殺人とか・・・って。滅多に通らない道だけど、その道通る時は気になって色々見ちゃうんだぁ・・・
誰かにやさしい気持ちを持てるのって、色々な豊かさだと思うんだぁ・・・最低限の生活が出来てそれで満足して心が豊かになる人もいれば、お金はいくらあっても豊かじゃない人は自分以外の人にやさしくできないような気がするよ・・・

ゆんたちゃんのオチリぽかぽかりん?
何かおねえピザ食べたくなっちゃったって!

あーにゃんさんへ

自分もけっこうぷんぷんする人間なのですが、おばあさんの声はランクが違う感じです。
老後の問題や介護の問題って、いずれ自分にもくる問題なので考えてしまいますね(・.・;)

私もぷんぷんが、ぷんくらいになれるように気持ち落ち着けないとイカンですね(笑)

私の知り合いの方も久しぶりに実家に帰ったら、
若い時は穏やかだったお母様が、
ちょっと認知症のお父様を罵っていたそうですよ。
近所で世話をしている長男夫婦は「いつもの事だ」
と言っていたそうです。

年をとると我慢がきかなくなるし、
生き物だからずっと同じじゃいられないのかな・・・
珍しい事ではなし、人事じゃないと思います。(-_-)ウーム

ピザを頼まなくても豪華な食事だと思います!
ピザ、美味しそうだけど。( ´艸`)

Gaviちゃんへ

これが小さい子供にどなっているのであれば通報するのだけど、年配者の場合は静観しているしかなく気持ちの持って行きようがないですね(・.・;)

ウチもyumeyuntaパパが年上だから、きっと私は介護する立場ですね。
あまり他人事ではないねと、おばあさんの声を聞くたびに考えてるのです。

半年経っているから、お姉ちゃんとおにいちゃんが助けてくれたおじいさんはきっと以前よりは歩けるようになってくれていると思う。きっと散歩も多少は楽になっていますよ(^_^.)

Gaviちゃんはやさしい家族がいてくれて、ハッピッピだね(^o^)
それが一番だと思うのです。



ぐりぴきさんへ

きっとその娘さんらしき人も「またやっている」「いつもの事だ」という感じになってしまったのでしょうね。

もしかしたら、若いときはこのおばあさんは、こうではなかったんではないかと思うこともありました。
そしてそれはやはり、自分に当てはめてしまいます(~_~;)

でも、きっとそうなっていない方たちもいらっしゃいますよね。

その分かれ道を知りたいです(^^;)

年をとると女の人のほうが強くなる気がします。
同居のばーちゃんと今は亡きじーちゃんも喧嘩のような会話をしていました。でもお互い言い合っているのでこういう会話もありかなと思っていました。
認知症は本人もですがの介護するほうが精神的に参ってしまいますよね
でも切なく考えさせられます。

ビールが飲みたくなるお料理ですね(^^)
美味しそー!
私もちゃっかりとお邪魔したくなっちゃいます(笑)
そうそう、枝豆好きなんですが今年は美味しい枝豆に出会えませんでした(T ^ T)

ゆんた君のおちり
あったかそうですね~♪
プルニャも時々、こちらの手や足に
お尻をのせてきます。
嬉しいような複雑なような…。(´Д`)

人の心に効くまたたび、
あったらいいなぁ。
我が家は猫がまたたび?です。
うちは2にゃんと暮らして、
喧嘩や些細な言い過ぎが減りました。
猫またたび、長期継続したら
性格が丸くなっていったらいいなぁ。

ずっと連れ添った人と最終的にはそんな関係に・・
・・なんだか悲しい話ですね。
ただお互い病気にならずにボケもせずにいい老後を・・と言うのは難しい話なのかもですね。

パソコンいじってると大抵猫って寄ってきますよね(;・∀・)
うちのレオはたまに「撫でれ」と、画面前に立って時にキーボードを踏んで頭を手にこすりつけて猛アピールしてきます・・w

しかしここまでお尻をどっかりだと・・
マウスが動かせませんね(;・∀・)

Re: タイトルなし

お互い年を取っていくのだなと年々実感します。
ので、あまり他人事でもないのですね(^^;)
私は自分のパートナーがそうなった場合、どうするのかと思ったりします。
今よりも行政や地域のサポートが受けられるような時代になっていれば良いのですが、あまりアテにはできないでしょうね。
できれば、怒りを抱えては、したくないですね(;_;)

休日はたいていyumeyuntaパパのおつまみ兼夕食です(^_^.)


らら子さんへ

なるほど!それは気づきませんでした。
言われてみれば、確かにウチも夢とゆんたはクッションになってくれています。
yumeyuntaパパはよく分かっているもので、仕事のことで私がむっつりしていたら、夢やゆんたを抱いて持ってきたりしていましたね。

もし家ににゃんこやワンくんが居たら、もしかしたら少しは状況が変わってくるかもしれないですね(^_^.)

ゆんたは、相変わらずパソコンのキーボード前に陣取っています。
「ゆんた、さっきトイレいってなかったかい?」「お前大きい方してなかったかい?」と聞いても知らんふりです(+_+)

R2さんへ

高齢化になればなるほど、果たしてそれは良いことなのかい?と答えの出ない押し問答になっちゃいますね。
私もそんなに遠い話でもないので、気になっちゃうのです(^^;)

やはりレオちゃんもゆんたと同じことをするのですね。

ゆんたのアピールは半端ないです。
マウスを動かすと「ンニャー」(動かないで)と怒ります((+_+))
私はブログの記事をなかなか打てません。

認知症かもしれないとはいえなんだか切なく心が痛みますね
ただそのおばあさまの気持ちも考えるときっと相当大変な思いをされてるんだろうな…って思います
きっと自分で自分を制御できなくなってしまったんでしょうね。。
人間用マタタビ…誰か開発して~(笑)

ゆんたちゃん…(笑)
完全に生暖かい部分がくっついているのでは…( ,,>з<)

のん。さんへ

自分の母親や自分たち夫婦の年齢を考えると母やyumeyuntaパパを介護しなければいけないときは来るかもしれないです。
なので、そのおばあさんの声を聞くと元々からなのか、それとも次第にそうなっていったのかを知りたくなります。

自分が怒り満載の時に、それを和らげてくれるマタタビの存在(今は夢とユンタ)は人生に必須なのかも(^^)
ただこのマタタビたち、時にはそれ自身がお手間盛りだくさんになっておりますが(;^ω^)
このようにトイレ行った後かもしれないあの部分を、人の腕にぴったり当てていたりします(笑)
プロフィール

ゆめた

Author:ゆめた
同い年の
「夢」と「ゆんた」
お兄にゃんを足して2で割ったような「ゆま」
3にゃんず&外猫「カリカリ食べ隊」
なんやかや騒がしいす。

     夢
 
夢の現在
     ゆんた
 
ゆんたの現在
ゆま
 
ゆまの現在
五輪猫
やらいちょうさんより
ブログ紹介していただきました
猫マンガ雑誌
「ねことも」さん12月号
記事画像
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
カテゴリ
ブログの画像について
吹けば飛ぶよな、マンガ・イラスト・写真ですが、無断使用や無断転載などはしないでくださいましね。
お使いになりたい時は、コメントかメールでご連絡をお願いします。
カウンター
リンク