一粒で3度





一粒で3度



今では考えられないことですが、当時はその場で連れて帰ることができたのですよ。

ちょっと危ないやり方なのでした(^^;)




NEC_0151.jpg NEC_0130_2018031314293333c.jpg NEC_0132_20180313142934c84.jpg

NEC_0136_20180313142936112.jpg NEC_0137_201803131429377b8.jpg NEC_0146_20180313142939f32.jpg

NEC_0153_2018031314422215c.jpg NEC_0156_201803131442263b5.jpg NEC_0154_20180313144224c9d.jpg



昔々のガラケーの写真。ちっちゃいな~!!






☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..





DSCN4834.jpg

おいらは動物病院での里親募集だったんだけど、意外なことに夢っちもそうなんでぃ。

病院は違うんだけどね~なんでぃ。

ゆまっちも保護団体さんからウチに来たんでぃ。




DSCN4833_201803131434540f6.jpg

カカの猫ブロ友の虎太郎ママさんのトコのタロちんは、北海道のNPO法人「手と手の森」さん出身。
タロちんのかかりつけの病院「緑の森どうぶつ病院」の院長先生の奥さまが代表をされているんでぃ。



DSCN4835.jpg

その緑の森動物病院の札幌クリニックで、札幌で起きた飼い猫の飼育放棄(閉じ込め放置虐待)で救出された猫たちの治療が行われたんでぃ。
15匹の猫たちは、下痢がひどく大変な状態だったそう。。。

公益財団法人動物環境・福祉協会Evaさんが、事件の経緯と嘆願書のお願いをしているんでぃ。

ご賛同を頂ける方がおられましたら、どうかよろしくお願いしますでぃ。


または
嘆願書の提出までは至らずとも、この事件のことを知ってほしいのですにゃ。

良かったらEvaさんのサイトを覗いてくださるようお願いしますなんでぃ。














いつも見に来てくれて、ありがとうございます。








にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ  

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わぁ~、ありがとうございますm(__)mほんとにほんとにありがとうございますm(__)mありがたくて思わず涙がこぼれてしまいました(´;ω;`)
そうなのです。嘆願書送付までして頂かなくても、知って欲しいと思っていました。私、テレビのニュースはほとんど見ないので、身近である場所でこのような事件が起き、タロちんの保護団体でもあるかかりつけ病院が愛護法改正を求めて動いていることなど恥ずかしながら、まったく知らなかったのです(-_-;)そこで、自分も何かできないかと・・・。
ペットショップでの出会いもご縁ですが、ゆめたさんのように積極的に保護猫さんを受け入れて下さる方が、増えてくれればなと思います。
まずセンターなどの溢れている命を救い、そのうえで純血種の命を必要なだけ産ませるという国になって欲しいです。ゆまちんのような辛い思いをする子がいなくなって欲しいです。
日本では、まだまだ先になるかもしれないけれど・・。

PS炒飯のレシピ、ありがとうございます。まぶす油の量などわからなかったので助かりました~(*^▽^*)タロちんパパが「よし!オレが作る!」とやる気になっています。楽しみ~🎵

まさに運命の出逢いでしょう。
昔は引き渡しもユルかったんですね。
引き取る方も
今よりモラルが高かったのでしょう。

No title

みんなみんな、ただ家族と一緒に幸せに過ごしたいだけなのにね。
小さなのぞみが叶って、みんなが幸せに暮らせる日が来ますように。

1粒で3度おいしいゆまさん。
きっとゆまさんは100回美味しいって思ってますよ。
幸せイッパイでよかったね。

おはようございます。

ゆんちゃんとの出会い(#^.^#)
ほっこり。

小さなゆんちゃん、可愛いですね。

ママさんみたいな方がたくさんいらっしゃることを祈って(#^.^#)

No title

そうかぁ、あの紅顔の美少年がいまではこのおっさ・・・v-31

いえ、ええと、ダンディーなおじさまになったのか・・・v-339

ちっちゃい頃のゆんたくんも可愛いです(o´艸`)
大きくなるにつれて、ちょっとずつ、毛色や目の色が変わったりするのもまた、可愛いですよね(´▽`*)
そして、またどんどん色が変わったりしてくるのもまた、愛おしいですよね。
うちの先代も動物病院から来ました!

閉じ込めの記事を以前、拝見しました。
どんな気持ちで、にゃんこを閉じ込めたり、ご飯をあげない、トイレ掃除もしない・・・考えられないですよね。
厳罰化を望みますよね。

No title

出会いって、すばらしいですね・・。
繋がりっていいですね・・。
やさしさっていいですね・・。
いろんな物語を生んでくれている・・。

ゆめたさんに出会えてよかったね・・。
たくさんの愛にみんにゃ包まれているよ。

このような事件があるたびに・・
なぜ生まれてきたかわからないまま、さまよう魂が
どれだけあるのだろうと・・心が痛みます。

助かった子たちは、愛情を知る為に生れてきたのだと・・
いつか必ず知って欲しいと願うばかりです・・。


お返事ですヽ(^。^)ノ

虎太郎ママさんへ
このような哀しいことが減っていってくれたら。。と思います。
あまりに後を絶たないので、ツイッターなどを見ることが無くなってきました。
つらいです。
愛護法改正されてほしいですね。

ワタクシもレシピを参考に、炒飯ならぬオムライスを久々に作ってみました(笑)
おいしかったです~(^_-)-☆


やらいちょうさんへ
今現在の保護団体さんの慎重さからすると、驚きの手軽さですよね。
先着順でしたので、よくゆん坊がウチに来てくれたものだと思います。
そういう運命だったのでしょうか(*‘∀‘)


なっつばーさんへ
ただただ一緒にいるだけで良いのですよね。
助けられた子たちが暖かいおウチに迎えてもらえますよう、家族の一員になれますように<(_ _)>


Miyuさんへ
ゆん坊、ウチに来て3日目には早や天使から悪魔に豹変でした。
子猫の破壊力、半端なくすごかったです~(-∀-)


ピオちゃんのお父ちゃんへ
I think so tooです~~~(= ̄∀ ̄=)


あーにゃんさんへ
最初白猫だと思っていました。
だんだんトラ猫になっていくので、ビックリ。
変化するなんて思ってもみなかったです。
おもしろいですよね(*´ω`*)

リンク先に行ってくれ、ありがとうございます。
法の縛りで、助けてあげたいのに助けられないボランティアの方や、保護団体さん。
どんなに歯がゆかったことでしょう。
愛護法、改正される日が早く来てほしいです。


NYAROさんへ
NYARO家のエピソードを読むたびに、ワタクシも同じことを思いながら頷いています。
ビビちゃんの詰まりが溶けているといいですね。
でもおそらくそうだと、思っています(*´ω`*)

愛されている子たちの話を見たり読んだりすると、自分の気持が潤っていくような気がします。
つらい話を聞いた後は特に。
どの子も愛されるために、生まれてきたのでしょうから≦´Å`≧”

No title

ご返事書いてからのコメントですみませぬm(__)m
ゆんたさん、可愛かったですね~!(^^)!
もちろん今も可愛いけど、もうすぐ13歳!
ウチのきらちろと同い年だったんですね( ゚Д゚)
若々しくて、同い年には見えなかったです。
毛の色や顔つきはだんだん変わってきますよね。
そのときそのときで楽しませてくれるから、ほんとにおもしろい(^^♪

辛い想いをしてるニャンズも、ゆんたさんやゆまちんや夢ちんのように
極上の幸せを掴めますように!

No title

わぁ💓
小さい時もほわほわ可愛いですね。
こりゃ一目惚れしますね♪

うちのは飼った時
ブルーからイエローに変わりかけで
エメラルドグリーンみたいな感じでした。

柄に変わりは今のところ無いので・・・
一生変わらないかなぁ?

飼育放棄とか多頭崩壊多いですね、
悲しいですね😢

No title

こんばんは♪

きゃぁ〜ゆんたちゃん!
ぽわぽわの白い赤ちゃんだったんです〜
可愛いです。すごい破壊力です!
本当にちっちゃいですね。
ゆめたさんの家族になれてラッキーな猫ちゃんです。

事件の経緯と嘆願書の件を
見せて頂きますね。

No title

昨日、手と手の森の代表の本田リエさんとお話しする機会がありまして事件の続報を伺いましたら、当事者は、また仔猫を飼い始めたそうです。しかも事件のようなことは、3度目だそうです。罪が軽いからと、悪質です。さすがに代表も早急に愛護法改正を!と思ったそうです。
愛される為だけに生まれてきて欲しい命なのに。どうなってしまうのか心配です。
手と手の森の代表は、杉本彩さんと繋がりの深い人なのです。昨年は、杉本彩さんが、旭川で動物愛護の講演をなさっていました。動物環境・福祉協会Evaさんは、杉本彩さんが中心となって活動されてる感じですね。
積極的に動いている方を見ると、頭が下がるような思いとともに、自分の無力さ、どこか目をそらしてしまいたくなってしまうような自分の弱さも感じます😿
ゆめたさん、悲しい気持ちにさせてしまって申し訳ありません。このようなお話を取り上げて下さって、本当にありがとうございましたm(__)m代表にもブロ友さんが拡散してくださったことをお伝えしましたら、喜んでおられました。

それから、こちらのコメント欄をお借りして本当に申し訳ないのですが、(今後、タロちんブログの方に来て頂けるかもわかりませんので。)
この事件を知ろうとしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

No title

護猫さんが幸せな人生をスタートできるって、うれしいです。
リンク先、見てきました。ブリーダーの飼育崩壊はほんとに腹が立ちます。
猫を保護したはいいけど飼育崩壊するというケースもあったり、動物をちゃんと育てるには気持ちもお金もかかるってことを、もっと周知しないとね。
子猫時代のゆん坊もかわいいなあ。
身も心も大きく育ちましたね(笑)
右下の、向き合って寝ているのは夢ちん?
写真サイズがちっちゃくても、こういうのはずうっと見返したくなりますね。

週刊誌で言えばゆんさま特集号ですね♡

いつも右側のプロフのところの、子猫のゆんちゃまのお写真を見てはまるで別ニャンのようだと不思議に思っていましたが、そうだったんですね~人間でもそういうことありますもんね。
なるほどなあと思いました。

悲惨なお話は私の地元の事件で、猫好きの友人たちも憤慨しております。
このお話に限らず、あり得ないくらい心無い事件をよく見聞きします。

それと、野良猫がかなり減少したと喜ばしいことのように報道されたりしますが、見えないところで行われたことの結果だと思うと、複雑な気持ちになります。

ともあれ、ゆめたさんの愛猫ちゃんたちは幸せな出会いがあってよかったです。末永くお幸せに(祈)

お返事ですヽ(^。^)ノ

きらちろママさんへ
そうなのです~。
夢ちんとゆん坊ももうすぐ13歳。
きららさんとちろろさんと同い年なのです。
ゆん坊も変化してきていますが、夢ちんも毛色が若いころとは変わってきています。
それも込みでのおもしろさですよね。

ほんとうに、どの子にも春が訪れてくれますように。


森乃さんへ
目の色が変化することを知らなかったので、最初は「あれ!?」とびっくりしてしまいました。
エメラルドグリーンの瞳。
少しづつ変わっていくのですね。
不思議ですね("^^”)

残酷な話はなくならないのでしょうが、少しでも減ってくれたらと願うばかりです。


ぷるさんへ
ゆん坊を里親募集していた病院はその後移転か経営をやめたようでした。
私の方も引っ越しをして別の街に住んでいたのですが、しばらくぶりにその街へ行き病院の前を通ったら別の名前の動物病院になっていました。
あの時もしあの病院の近くに住んでいなければ。。と考えると偶然の積み重ねってすごいですよね。
ゆん坊と巡り合えたのは、ラッキーなことでした。

こういった事件にとらわれすぎると自分が辛くなっていくのですが、関心を持ってくれてありがとうございます<(_ _)>


虎太郎ママさんへ
杉本彩さんが動物保護協会の理事長をされていることは、小耳にはさんだことが。
Evaさんだったのですね。
本田エリさんといい、すごい方々ですよね。

嘆願書の署名をしてくださるという方から、拍手コメントを頂きました。
知人にも勧めてくださるそうです。
読んでいて、ジンとしました(T T)


海月さんへ
Evaさんへ行ってくれて、ありがとうございます。
殺処分される動物の半分は、猫。
猫ブームの影響でおもちゃのような気持で飼い始めるモラルのない人が多くなったのかもしれません。
懸命に努力をしてくれる人たちもおられる一方で、現実はひどい話がいっぱいです。
愛護法改正、実現してほしいものです。

右下の写真は、夢ちんで正解です~。
夢がウチに来た初めての日か翌日くらいの写真なの。
今の不細工さとは大違い(笑)


ヒロさんへ
ゆん坊のプロフィール写真にまで目を留めていただけたとは☆
ありがとうございます。
最初白猫かと思っていたんで、「あれ~( ̄▽ ̄;)!!」となっちゃいました。

ヒロさんの地元での事件でしたか。
ほんとうに悲惨なことをする人の話をよく耳にします。
そのためもうツイッターは止めました。
耐え切れないくらい多くて。。

(Φ◇Φ)♪ヒロさん、おいらのことをいつもイケニャンのようにゆってくれてありがとう~なんでぃ。
カカはいろいろと手際の悪いことも多いのだけど、おいらは(元)男にゃのでそこはグッと我慢するんでぃ。
カカがまた遊びに行きます~♪ってゆってますんでぃ ^ↀᴥↀ^byゆんた
プロフィール

ゆめた

Author:ゆめた
同い年の
「夢」と「ゆんた」
お兄にゃんを足して2で割ったような「ゆま」
3にゃんず&外猫「カリカリ食べ隊」
なんやかや騒がしいす。

     夢
 
夢の現在
     ゆんた
 
ゆんたの現在
ゆま
 
ゆまの現在
五輪猫
やらいちょうさんより
ブログ紹介していただきました
猫マンガ雑誌
「ねことも」さん12月号
記事画像
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
カテゴリ
ブログの画像について
吹けば飛ぶよな、マンガ・イラスト・写真ですが、無断使用や無断転載などはしないでくださいましね。
お使いになりたい時は、コメントかメールでご連絡をお願いします。
カウンター
リンク